『すべては滋賀にあり』 滋賀県知事 三日月大造のスペシャルコラム|第七回 「山や森林の恵みに感謝!」

「山や森林の恵みに感謝!」 | 滋賀県知事 三日月大造
トチノキの巨木を見上げる
 じめじめとした天気が続くこの時期、皆さん、いかがお過ごしですか?雨は、時に大きな災害をもたらしますが、一方で私たち人間や生きもの、草木にとってなくてはならないものです。
山々に降った雨は、河川を通って琵琶湖に注ぎ込みます。琵琶湖を健全で恵み豊かな湖として保全・再生していくためにも、源流域である山、森林を守り、活かしていくことがとても大切です。

「山や森林の恵みに感謝!」 | 滋賀県知事 三日月大造
大切に育ててくださいね

トチノキをたずねて


 先日、長浜市木之本町金居原にある土倉鉱山跡と奥土倉のトチノキ等の巨木をたずねました。地元の皆さんにご案内いただきながら、約2キロのトレッキングを楽しみました。貴重な産業遺構である土倉鉱山に思いをはせるとともに、推定樹齢350〜400年のトチノキを間近に見て、トチノキの命のたくましさ、神々しい雰囲気を肌で感じることができました。
 今回、ご案内いただいたコースは、ながはま森林マッチングセンターが土倉の森トレッキング「トチノキ鉱山 春編」として企画されたものです。10月下旬には、秋編が開催される予定とのことですので、ぜひ皆さんもご参加いただき、琵琶湖の源流の山々の恵みを感じていただきたいと思います。

全国植樹祭の開催に向けて


 滋賀県では、2021年春に全国植樹祭を開催予定です。山や森林の大切さを皆さんとともに考え、発信していく機会にしていきたいと考えています。県をあげて機運を盛り上げていくために、県民の皆さんのご自宅や学校などで、植樹祭で用いる苗木を育てていただく「苗木のホームステイ・スクールステイ」の取り組みを進めています。先日、やまのこ事業を視察した際に、野洲小学校の四年生の皆さんに、苗木をお渡しさせていただきました。木を植え、育てて、それを伐って活用し、また木を植える。森林資源を循環利用しながら、未来の滋賀の豊かな森づくりに向けて、県民の皆さんとともに取り組んでまいります。がんばりましょう!共に…。

滋賀県の情報発信コーナー「すべては滋賀にあり」バックナンバー

▲ このページのトップへ