イベント情報

2017年04月13日(木)~2017年04月16日(日)

長浜曳山まつり

その他

イベント情報

【平成28年秋、長浜曳山まつりを含む全国33の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました!!】
日本三大山車祭の一つで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 
長浜の発展に伴い、江戸中期から各山組は競って曳山を改造し、装飾に豪華な毛織物を用いるなどの贅を尽くしました。現存する曳山の多くはその頃に作られたもので、幅約3m、奥行約7m、高さ約7mの入母屋造で、1階の舞台と楽屋、2階の亭(ちん)にわかれており、舞台付曳山12台の内から交替で曳き出される4台の曳山(出番山)と、形の異なる長刀山が巡行します。
装飾類の中では、貴婦人と三人の従者を描いた「鳳凰山飾毛綴(ほうおうざんかざりけつづり)」、大勢の槍を持つ武人を織だした「翁山飾毛綴(おきなざんかざりけつづり)」が国の重要文化財に指定されており、ともに約400年前のベルギー製の織物です。
舞台では、祭最大の呼び物「子ども歌舞伎」が5歳から12歳くらいの男の子によって演じられ、大人顔負けの熱演は見物客の拍手喝采を浴びています。子ども歌舞伎は、13日の夜、14日の午前中、15日と16日は終日にわたって演じられます。
祭は4月9日の線香番に始まって、12日までの4日間は若衆による勇壮な裸参りが行われます。また、子ども役者が演じる人物になりきって練り歩く14日の「役者夕渡り」も見ものです。さらに、15日の夜に御旅所に提灯を灯した4台の曳山が勢ぞろいする光景は幻想的で、クライマックスには神輿が担がれます。

http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/

Sep

09

25

MON

パリッシュクーポンはこちらから
滋賀の観光・イベント情報をMAPで検索 おでかけ滋賀MAP

ご掲載をお考えの方へ

株式会社フェム採用情報

株式会社フェム採用情報

正社員、パート、外部スタッフ。一緒にPOLISH+を作りませんか??

Polish+ ブログ

Polish+ ブログ

毎日をもっと楽しく元気にする滋賀の地元情報が満載!

▲ このページのトップへ